Bellatte クロモリフレーム リペアペイント

投稿日:

前回に引き続き、今回もBellatteさんのクロモリフレームをリペアペイントさせていただきました。

今回のフレームカラーはキャンディレッドで、補修する傷の場所はシートチューブの中ほどから上部になります。

お預かりしたフレームの傷の状態ですが、シートチューブロゴのカッティングステッカー周りに多数の傷がついています。

トップクリヤー層のみの傷や、完全に塗料が剥がれて地が出ている傷まであります。

今回のリペアペイントは傷がロゴの近くにあり、カラーがキャンディカラーと言うことで少し難しいリペアペイントになります。


リペアペイント作業工程

調色

一番最初の作業としてカラーの調色を行います。

今回調色するカラーはキャンディーレッドになります。

キャンディカラーはベースカラーのメタリックカラーの上にカラークリヤーを塗り重ねる2色で構成されたカラーです。

半透明のカラークリヤー層からベースのメタリックが透けて見える綺麗なカラーなのですが、調色するとなると中々困難で時間のかかる作業になります。

このカラーを調色する場合、まずはメタリックの粒子の粗さや光り方、見る角度による色の変化を見て数十種類のメタリック塗料の中から似たものを選びます。

場合によっては数種類のメタリックを混ぜることもあり、今回は2色のメタリックで調色しました。

ベースのメタリックカラーが調色できたらカラークリヤーを調色します。

ある程度カラーが決まってきたら調色用の台紙に先ほど調色したメタリックを塗装し、それを使用して微調整してカラークリヤーの調色完了です。


下地作り

まずはシートーチューブを洗浄脱脂をしてからマスキングしていきます。

マスキング部位はボトルケージ台座とフロントディレイラーハンガー、シートチューブは上下のラグの段差でマスキングします。

この時点ではロゴにはマスキングしません。

ロゴにサーフェイサーやカラー塗料が着いては不味いですが、トップクリヤーはロゴも一緒に塗装するので、ロゴも一緒に足付け作業をしてからマスキングします。

マスキングできたら傷回りの塗膜の剥離してしまっている部分や傷の段差をサンドペーパーで研磨して取り除いたり均しておきます。

続いてシートチューブ全体に足付け作業とロゴのマスキングを行ったら一度目のサーフェイサーを塗装します。

一度目のサーフェイサー塗装後にパテを盛って成形した状態

メッキ加工された物に直接パテを盛っても密着し難く、比較的大きい傷の場合は一度プライマーとサーフェイサーを塗装してからパテで成形し、それから2度目のサーフェイサーを塗装して下地を完成させます。

二度目のサーフェイサー塗装

塗装

傷の凹みなどが綺麗に直ったらカラーの塗装に入ります。

まずはベースカラーのメタリックを塗装するのですが、メタリックは隠蔽力が弱い塗料です。

サーフェイサーと相互にそのままメタリックを塗装すると、かなりの回数を塗り重ねないとサーフェイサー塗装部分と元のカラーのカラー差が透けて見えてしまいます。

こういった隠蔽力の弱い塗料を塗装する場合は隠蔽力の強いカラーで下塗りをしてから塗装する事になります。

メタリック塗装

メタリックを塗装したら続けてレッドのカラークリヤーを数回塗り重ねます。

塗装したカラークリヤーがある程度硬化したらロゴのマスキングを剥がしてトップクリヤーを塗装して塗装完了です。


リペアペイント完了

塗装をしっかり硬化させたら最後にポリッシャーで磨いて完成です。