Bellatte クロモリフレーム リペアペイント

投稿日:

今回はBellatteさんのクロモリフレームをリペアペイントさせていただきました。

傷の位置はトップチューブ上部のシートチューブ側になります。

リペア作業前の状態

小さい傷ですが、完全に塗膜が剥がれてしまっています。

こういった傷は、リペアせずに放置していると錆の原因になりやすいので注意です。


リペアペイント作業工程

パテ盛り

まず傷周りを脱脂洗浄してからマスキングしてパテ盛り前の下処理をします。

今回の傷はフレームのチューブとチューブを接合するラグと言われる部分に近いので、ラグの段差部分でマスキングをしてしまいます。

パテ処理後

パテを盛って硬化させたら余分に盛られたパテを成形して均します。


下地塗装

パテ処理ができたらサーフェイサー塗装をします。

傷を囲むように小さくマスキングをしてサーフェイサーを塗装します。

サーフェイサー塗装

サーフェイサーが硬化したら800~1500番のペーパーで均して下地の完成です。


塗装

下地が完成したら塗装に入ります。

今回塗装するカラーはキャンディカラー風になります。

キャンディカラー風というのは、通常のキャンディカラーはステイン塗料と呼ばれる染料をクリヤーに調合して塗装するのですが、キャンディカラー風は通常の顔料を使用した塗料をクリヤーに調合して塗装します。

それ以外は通常のキャンディカラーとさほど変わらず、ベースのメタリックやパールカラーを塗装後にカラークリヤーを塗装するカラーになります。

ベースカラー塗装

なるべくボカシ際が不自然にならないようにベースカラーを塗装します。

カラークリヤー塗装

続いてカラークリヤーを塗装します。

こういったカラーは補修する部分が小さくても、カラーを重ねる度にボカシ際が広がっていくので、今回は最終的にトップクリヤーをトップチューブ1本とシートチューブ側のラグも塗装しています。

ラグ縁取り

メインカラーが硬化したらマスキングしてラグの縁取りを塗装します。

トップクリヤー塗装

ラグの縁取りができたら最後にトップクリヤーを塗装して完成です。


最後にトップクリヤーが硬化したらコンパウンドで磨いてリペアペイント完了になります。