Brand-X RD-01 カスタムペイント

投稿日:

Brand-XのRD-01ロードバイクフレームをカスタムペイントしました。

color
ダークキャンディレッド
マットダークグレー
ゴールドメタリック

メインカラーのキャンディカラーには暗めに調色したキャンディレッドを塗装しています。
陽光などの強い光が当たると、キャンディカラーを透かしてベースに塗装したフレークを混ぜたメタリックがキラキラと輝きます。
フレームのパイプが交差する箇所とフォーク先端は半ツヤ消しのダークグレー。
ヘッドチューブとトップチューブに入れたロゴはゴールドメタリックです。


RD-01の元の塗装はマットブラックにロゴが塗装されていました。

塗装を剥離した状態です。

フレームはアルミ素材なので剥離剤を使用して剥離し、フォークはレッグがカーボン素材でしたのでサンドペーパーで剥離しました。


マスキングをしてサーフェイサーまで塗装した状態です。

元の塗装を剥離した後は、マスキングをしてからフレーム全体をサンドペーパーで足付けをしてプライマーとサーフェイサーを塗装します。


キャンディカラーベースのフレーク入りメタリックを塗装した状態です。

メインカラーとなるキャンディカラーが暗めの色となるのでベースのメタリックカラーにフレークを足してキラキラ感を増します。
メタリックに混ぜたフレークは粒子が粗いため、硬化すると塗装面がザラザラになります。塗装面がザラザラのままキャンディカラーを塗装するとムラやトラブルの原因となるので、硬化させた後に800番の耐水ペーパーでサンディングして塗装面を滑らかにしてからキャンディカラーを塗装します。


キャンディカラーを塗装してマスキングした状態。

ダークグレーを塗装しないキャンディカラー部分はこれ以上塗装をしないので、しっかり硬化させてからポリッシャーで研磨して磨き仕上げておきます。
キャンディカラー部分を仕上げたらダークグレーを塗装する部分を空けてマスキングします。
ダークグレーを塗装する部分はサンディングして足付けしておきます。


マスキングしてロゴを入れる位置にゴールドメタリックを塗装した状態。

ヘッドチューブとトップチューブのロゴを入れる部分にはゴールドメタリックを塗装しておきます。
ゴールドメタリックが硬化したら文字の形にカットしたマスキングシート貼り付けてダークグレイを塗装してすぐにマスキングを剥がして完成です。


神戸の(有)オート・ビーンズでは自転車のカスタムペイントや補修塗装を承っています。

自転車のカスタムペイントや補修塗装のご依頼ご相談はこちらからお気軽におたずねください。