ロードバイクフレーム Rei-Shell 再塗装

投稿日:
Bellatte Rei-Shell
イエローパールオレンジ

Bellatteさんのオリジナルロードバイクフレーム Rei-Shell の再塗装をさせていただきました。

赤に近いオレンジのネオンカラーにイエローパールと少量のヴァイオレットパールを使用した3コートパールカラーです。


お預かりした状態のフレームセットです。
クロモリフレームのBellatte Rei-Shellにenveのカーボンフォークがセットされています。

細部を見ていくと、錆びや塗装が浮いてきている個所がいくつも見つかりました。
とくにシートクランプ部やBBシェル周りが酷そうです。

まずは塗装を剥離していくのですが、ロゴのステッカーがあると剥離する際の邪魔になるので、先に剥がしてしまいます。
このフレームのステッカーは、貼り付けてからクリヤーを塗装していたので、カッターやサンドペーパーを使用して削り取りました。

続いて粗目のサンドペーパーでフレーム全体の塗装面を粗してから、剥離剤を刷毛で塗っていき、元の塗装を剥離していきます、

塗装を剥離した事で、さっきまで見えていなかった部分の錆も良く見えてきました。
やはりシートポストクランプとBBシェル周りの錆が酷いですが、塗装剥離前には一見綺麗に見えていたフロントディレイラーハンガー周りの錆も酷そうです。

錆の除去が完了しました。
頑固な錆もありましたが、何とか除去する事ができたようです。

下地の塗装はプライマーを塗装した後にサーフェイサーを塗装します。
細かな傷などはサーフェイサーを塗装した後にペーパー掛けを行うことで消せるのですが、溶接痕や消しきれない箇所はパテを使用します。

パテを使用した箇所は再度サーフェイサーを塗装します。

下地の塗装が完了したので、オレンジの塗装へ移ります。
まず、ベースカラーのオレンジを塗装してからパールカラーを塗装して、更にクリヤーを薄く塗装したら時間を置いて硬化させます。
十分に硬化したらロゴのステッカーを貼って、最後に仕上げのクリヤーを塗装します。

フレームの塗装がひと段落ついたので、フォークの塗装へ移ります。

まずはフォークに塗装されているロゴをサンドペーパーで削り落としていきます。
ロゴを消せたらブラックに塗装して、フォークブレード内側にロゴのステッカーを貼り付けます。
そしてマットクリヤーを塗装すればフォークの完成です。

最後にフレームをポリッシャーで磨いて完成です。

ネオンカラーは紫外線により退色しやすい色なので保管に注意が必要ですが、非常に鮮やかな発色をします。
街を走ると目を引くオレンジ色のフレームになったと思います。


神戸の(有)オート・ビーンズでは自転車のカスタムペイントや補修塗装を承っています。

自転車のカスタムペイントや補修塗装のご依頼ご相談はこちらからお気軽におたずねください。