ロードバイクフレーム Bellatte Rei-Shell 再塗装

投稿日:
Bellatte Rei-Shell
キャンディレッド

Bellatteさんオリジナルロードバイクフレーム Rei-Shell の再塗装をさせていただきました。

今回は剥離塗装でカラーは少し濃いめのキャンディレッドに塗装してほしいとのご注文です。



こちらがお預かりした作業前の状態のフレームセット。
クロモリのフレームにENVEのカーボンフォークがセットになっています。


大きなダメージとしてはBBシェルの下錆びです。
BBシェルに開いている水抜き穴周りから錆が進行してしまったようです。
その他は小さなヘコミが確認できるくらいでした。

元の塗装を剥離したフレーム

塗装の剥離が終わりました。
塗装されていた時には気づかなかったボトルケージ用やワイヤー用の穴周りの錆が見えてきました。

フォークはカーボン製なので塗装剥離は行わず、ロゴや文字の段差が無くなる程度までサンディングして完了です。

フレームの塗装剥離が完了したら作業は一旦ここでストップ。
BBシェル下部の穴を埋めたいとの事で、一度フレームを Bellatteさんへお返しします。

錆を除去したBBシェル

綺麗に穴が塞がったフレームが戻ってきたので、錆取り作業から再開です。
ワイヤブラシや薬品を使用して錆を除去していきます。

錆取りが完了したら塗装工程へ移ります。

プライマー → サーフェイサー → ベースシルバー → キャンディカラー → クリヤー の順番で塗装していきます。

クリヤーまで塗装が完了したら次の工程へ移る前に時間を空けて塗料を硬化させます。


塗装が硬化したら1500番のアシレックスを使用して全体的に塗装面を研いでいき、ザラツキやホコリなどを見つけたら修正していきます。

塗装面が整ったらロゴや文字のカッティングステッカーを貼り付けていき、その上から仕上げのクリヤーを塗装します。

最後に全体をポリッシャーを使用して磨いて完成です。


神戸の(有)オート・ビーンズでは自転車のカスタムペイントや補修塗装を承っています。

自転車のカスタムペイントや補修塗装のご依頼ご相談はこちらからお気軽におたずねください。