ロードバイクフレーム 補修塗装

投稿日:

今回はBellatteさんのGran-S Competitionというロードバイクフレームを補修させていただきました。


主な補修個所は、トップチューブのブレーキアウター受け、ヘッドチューブ、BB下の錆と塗装剥がれです。
シートチューブのシートクランプを取り付ける箇所も塗装の浮きや剥がれが目立つので補修します。


まずはアウター受けに固着してしまっているブレーキアウターキャップを取り外します。
ここはこれから塗装をする箇所なので、浸透性潤滑油などは最終手段としておいて、できるだけ使用したくありません。
幸い今回は軽く叩くだけでキャップを取り外すことができました。
キャップが取れたらアウター受け周の錆周りの塗装を削りとり、まだ塗装の下にある錆を探し出します。

錆は錆取り剤に漬けて溶かして除去するのですが、錆取り剤を使用する前に大まかに金ブラシで擦り取っておきます。
錆取り剤は半日ほど着けるのですが、今回は1度では取り切れなかったので、金ブラシで再度擦ってから更に半日ほど錆取り剤に漬けて除去しました。


錆が取れたら塗装の浮いている部分をサンドペーパーやカッターなどで除去していきます。
ここで塗装剥がれの範囲を広げないように気を付けないと、どこまでもペリペリと剥がれて範囲が広がってしまいうので、あくまでも現在剥がれて浮いてしまっている部分だけを除去します。


次にこれから塗装する箇所に足付け処理をしてから防錆処理をしていきます。


錆による腐食が進んでいた箇所はサーフェイサーだけでは埋めることができないのでパテを盛ります。
パテが硬化したらサンディングして再度サーフェイサーを塗装して下処理の完了です。


続いて調色作業に入ります。
今回のカラーはメインがグレーの3コートパールでロゴはレッドです。
3コートパールとは3層になっているパールカラーの事で、1層目ベースカラー、2層目パールカラー、3層目のクリヤーといったように塗装します。
この色を調色する場合、まずはベースカラーから調色します。ベースカラーが調色できたらパールカラーを調色します。

いい感じに調色できたようです。


いよいよ塗装に入ります。
ベースのグレー、パールカラー、クリヤーの順番で塗装していきます。
この後にロゴを塗装してからトップクリヤーを塗装するため、ここでのクリヤーは薄めに塗装していきます。

今回は補修塗装ですので、元の塗装と新しく塗装した部分がわからなくなるように塗装際をボカシて塗装していきます。


メインカラーの塗装が完了して塗料が硬化してからロゴの塗装へ移ります。
カッティングマシンで作成したマスキングシールを使用してロゴをエアブラシで塗装していきます。

厚くなりすぎないように塗装したらマスキングを剥がします。
塗装したロゴが硬化したら塗装際を軽くサンディングして角を落としてやります。
こうすることでトップクリヤーを塗装したときにロゴの塗装際部分も滑らかになります。

最後にトップクリヤーを塗装して完成です。


今回もBellatteさんのロードバイクフレームを補修塗装させていただきました。
錆びていた箇所も綺麗になったので、これからも大切に乗っていただきたいですね。

自転車のカスタムペイントや補修塗装のご依頼ご相談はこちらから。